令和2年度 東京明日佳 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 68 76 30 56 68 63 86 133 70
当院の入院患者さまは、全体の約9割を整形外科疾患を主病として構成されています。
整形外科の特徴でもある高齢者の大腿骨骨折や胸腰椎圧迫骨折の患者さまは、観血的手術と加療を目的に入院され、日常生活への復帰を目指し病期に応じた病床で療養されています。またスポーツ外傷による上下肢骨折・筋腱損傷等の若年層の患者さまも多く、観血的手術と術後早期の協議復帰を目指したリハビリテーションの提供にも努めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 55 42.04 25.09 16.36 84.98
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 51 15.04 13.96 0 25.98
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 48 35.44 18.81 0 83.35
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷 靱帯断裂形成手術等 41 17.15 17.59 0 54.54
160620xx02xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 関節滑膜切除術等 27 4.81 7.04 0 48.70
当院の整形外科は、高齢者の骨粗鬆症に起因した大腿骨骨折、脊椎圧迫骨折に対して手術後に地域包括ケア病棟を利用し切れ目のないリハビリテーションの提供を行い在宅退院への支援を積極的に行っていることが特徴です。またスポーツ疾患(肩腱板断裂・膝十字靭帯損傷等)の外傷後手術目的入院も多く術後早期リハビリを開始し競技復帰への実現に貢献しています。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 5 33.80 20.51 20.00 94.40
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1あり 3 2.00 2.04 0.00 54.00
10007xxxxxx0xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等2なし 3 5.00 11.26 33.30 62.67
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 3 21.00 13.00 0.00 96.00
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 2 10.50 6.46 0.00 96.00
当院の内科は、高齢者の呼吸器系疾患・腎尿路系疾患の受入れが多い事が特徴です。在宅医療にも力を入れ急変時の受入れもスムーズに行っています。また整形外科入院患者への内科的疾患のフォローアップも積極的に行い年齢問わず全身的サポートを担っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - - - - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
ハイフンで表示されている箇所は、5人未満であり個人が特定されることを防ぐため、詳細な数値は公表しておりません。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 0 0.00 0.00
中等症 0 0.00 0.00
重症 0 0.00 0.00
超重症 0 0.00 0.00
不明 0 0.00 0.00
対象者が5人未満であり個人が特定されることを防ぐため、詳細な数値は公表しておりません。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
対象者が5人未満であり個人が特定されることを防ぐため、詳細な数値は公表しておりません。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 41 1.22 13.46 .00 28.76
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 40 5.63 30.98 15.00 82.45
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術(簡単) 34 1.59 18.18 0.00 61.62
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 32 2.00 12.28 0.00 55.19
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他) 32 1.59 5.75 3.13 47.13
当院の整形外科は、年間約750症例の手術を実施しており、特に上肢(肩・肘関節)、下肢(膝)手術は、他院からの手術依頼も多く、短期間の入院で手術侵襲も少ないことが大きな特徴です。
高齢者の骨折症例も多いため迅速に受入れ、早期に手術を行い術前ADLを維持向上できるよう努めています。上記以外の症例も積極的に受入れ、専門医が手術および加療に当たっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180010 敗血症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 4 0.62
異なる 1 0.15
当院における術後等における合併症の発生率は低くなっております。
更新履歴