再生医療
再生医療

再生医療

 PRP(Platelet Rich plasma、多血小板血漿)とは、
血液を加工して、血小板を多く含むようにした血漿(血液中の液体成分)
のことです。血小板は出血した際に働く細胞です。
 様々な研究から、血小板には組織を再生させるための
成分(サイトカインなど)が含まれていることが分かっています。
PRP療法は、このサイトカインの働きを利用したものです。
 サイトカインには様々な種類があります。血小板から放出され、
傷の修復や、細胞の増殖の促進、身体(皮膚や骨、軟骨、血管など)を
形作るうえで重要なコラーゲンの産生に関与します。

再生医療

再生医療

PRP療法のしくみ

 PRP療法では、患者さんご自身の血液からPRPを調製し、患部に注射します。
 PRP中のサイトカインの働きが変形性膝関節症の痛みの軽減や、
損傷した組織の修復に効果があるとされています。
 注射後3~4日間は細胞の代謝が活発になるとされているため、
軽度の炎症が起こり、痛みや腫れ、発赤を生じることがあります。

治療の流れ

  • カウンセリング

    カウンセリング

  • 採血・PRP調製

    採血・PRP調製

    あなたの血液からあなた専用のPRPを調製します。

    • 病院で採血を行います。
    • 高度な細胞精製技術をもった専門の業者が、清浄度を保った製造室で調製します。
    • 専門業者による品質管理を行います。
    • 1度の採血で複数回治療分のPRP調製を行い、最大6ヵ月間保存可能です。
  • 三週間後以降に再来院

    三週間後以降に再来院

  • PRP関節内注射

    針をさす際、痛みを伴うことがあります。

    PRP関節内注射

  • 注射後(当日)

    帰宅後は激しいトレーニングやマッサージ、飲酒や喫煙を控えてください。

    注射後(当日)

  • 経過観察

    症状によって、PRP関節内注射を繰り返すことがあります。(患者様により回数が異なります)

    経過観察

東京明日佳病院
お問合わせ

03-3720-2151

03-3720-9411

受付時間:月曜日~金曜日 9:00~16:30 土曜日 9:00~11:30

お問合せ
アクセス